DMMビットコインって運営会社はどこなの?

最近は仮想通貨の取引所の名前を聞くことが増え、ビットフライヤーやDMMビットコインなどのCMを見る機会も増えていると思います。
DMMビットコインと言われても、仮想通貨を取り扱っている取引所の1つとしか分からないという人も多いのではないでしょうか。
取引所を選ぶときは運営会社によって、取引所を選択をする人も多いと思うのでDMMビットコインの運営会社について調べてみました。

・DMMビットコインってどんな企業なの?
DMMビットコインはもともと東京ビットコイン取引所として2016年に設立された、東京の日本橋に拠点を置いている仮想通貨取引所です。
2017年の12月には株式会社DMM FXホールディングスへ譲渡し、「DMMビットコイン」としてサービスが開始されました。
変わったのは社名だけでなく、サービスやシステムを一新させ、本格的に仮想通貨取引サービスができるように変わりました。

・DMMビットコインは仮想通貨だけじゃなくFXサービスも行っている!
また、DMMグループでは仮想通貨だけでなく、FXのサービスも行っているため今後に期待が出来る企業でもあります。
DMMビットコインの資本金は12億9000万円で、大手の企業として信頼性も高く安全に利用できると言われていて人気を集めています。
最近では仮想通貨を対象としたハッキングや詐欺が目立つ中、DMMビットコインではコールドウォレットを使って安全に仮想通貨を保管してくれているため、ユーザーの間では仮想通貨はDMMビットコインがいいのではないかという動きも見え始めています。
DMMグループは証券会社としても運営をしていること、セキュリティやサーバー、サポート体制も充実していて質が高いということで、仮想通貨を始める場合はDMMビットコインがいいのではないかと考えられています。
しかし、DMMビットコインは初心者向けの取引所ではないため、ある程度の知識を得てからDMMビットコインを利用したほうがいいと思います。

このように東京ビットコイン取引所として仮想通貨のサービスがスタートし、今はDMMビットコインとしてサービスを提供しています。
これによりブランドを前面に押し出し、新たなサービスを次々に展開してくれるのではないかと考えられます。
DMMビットコインは安全性や信頼性に優れていて、セキュリティやサーバー、サポート体制も充実しています。
これにより、今後は今まで以上に発展していく取引所であるといっても過言ではありません。
これからはDMMビットコインを利用する人が増え、仮想通貨を安全に利用できるユーザーが増えるのではないかと考えられます。