DMMビットコインで取り扱っている通貨の種類は何種類?

仮想通貨を始めるにあたり、最近話題のDMMビットコインを始めてみようかと考えている人も多いと思います。
DMMビットコインは取り扱っている通貨の種類が多いという特徴があり、この特徴からDMMビットコインの取引所を選ぶ人もたくさんいます。
そこで、DMMビットコインで取り扱っている仮想通貨の種類に関して調べてみました。

・DMMビットコインが取り扱っている通貨は7種類!
DMMビットコイン取り扱っている通貨の種類は、大手取引所のビットフライヤーよりも多いと言われています。
大手取引所のビットフライヤーでは6種類の通貨を取り扱っているのに対し、DMMビットコインでは7種類の通貨を取り扱っています。

※DMMビットコインの通貨の種類
・ビットコイン
・イーサリアム
・ネムやリップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ
などの7銘柄で、通貨として価値が出てきているビットコインだけでなくアルトコインの種類も豊富です。
DMMビットコインで取り扱っている通貨の種類は、国内でZaifの次に多いと言われています。

・取り扱い通貨の種類が多いとどんなことが便利になるの?
取り扱い通貨の種類が多いほど、いろんな取引所を利用する必要がなくなり、1つの取引所でいろんな通貨を取引できるようになります。
いろんな取引所を利用していると、取引所によって手数料や特徴などが違うため困惑してしまうことも出てきてしまいます。

一方、DMMビットコインでは知名度の高い仮想通貨を厳選しているため、利用頻度を高めることも可能です。
さらに、ユーザーが利用したい通貨がそろっていることで、いくつもの取引所を利用する必要がなく、通常の取引以外にも今後価格が高騰していくであろう通貨を買っておこうと考えることも出来ます。
事前に買っておくことで高騰したときに利益を生み出せるようになるため、仮想通貨に投資を行っている人はアルトコインをビットコインなどと同時に購入するパターンもあります。

このように取り扱い通貨は種類が多い方が便利で、今後はビットコインだけでなくアルトコインにも注目が集まってくるのではないかと考えられています。
これにより種類が多い取引所を選んでおくと、取り扱いがないということが少ないのでいくつもの取引所を利用する必要がなくなります。
取引所を選ぶときは出来るだけ多くの通貨を取り扱っているところを選ぶのがおすすめで、企業としても安心して利用できるDMMビットコインで仮想通貨を購入することをおすすめします。